中村文化小劇場にて・・・

11月10日・・・リハーサル中地震が・・・

かなり大きな揺れを感じて一旦中断。私とフルートの由記さんのデュオ中でした。
上を見上げ、照明落ちたら・・・と考え移動。会館の方に『照明は大丈夫ですよ。どちらかというと客席の天井の方が・・・』と。大宮さんとピアニスト瀧川さんは舞台上へ移動
震度3だったと。もっと大きく感じました。

11月11日。。。本番。。。

1部はアルパデュオ+フルートのステージ。
普段やらない並びでフルートをセンターにし上手と下手にアルパが分かれて客席から見ると
天使の羽のように・・・衣装も白にしたから見えたかな??
秋の唱歌メドレーでは由記さんの大・中・小のオカリナが登場。
とても情緒のあるメドレーになりました。
最近はまっている曲クラッシックメドレーも演奏しました。
・アルルの女より『メヌエット』~マスカー二『アヴェマリア』~天国と地獄

2部はピアノとフルートから始まりました。
お二人のリベルタンゴとても素敵でした。袖でうっとり聞いてました。
最後2曲はアルパも入り、全員で演奏。

アンコールではマルモリも初披露。。。楽しかったです。

会館の方々には音響をはじめ照明もとても凝っていただいていて

お客様にもステージ音楽全てが一つになり何もかも素敵でしたというお声をかけて

頂き、とても嬉しかったです。

スタッフの皆様お世話になりました。ありがとうございました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック